こだわり:美味しいお米をお届けするために

「生産者の顔が見える米」だから安心です!

生産者が土を耕し、種をまく段階から商品(お米)づくりにかかわっています。米袋には、そんな生産者の名前と顔写真、栽培環境や栽培の特色が表示されています。産地直送で本場のお米を皆様にお届けしています。

堆肥厩肥の施用 自然界の栄養分がタップリ、腐食で土が生き返ります。
土づくり肥料の投入 ようりんやケイカルなどで土を若返らせ、味をよくします。
苦土ミネラル肥料の投入 苦土と微量要素を施せば、根の量が増え、稲の健康を守ります。
有用菌の使用 大地の生命、多種微生物の投入で生ワラなどを分解し、病気に強い稲にします。
チッソ肥料を減らす チッソ肥料の供給を減らし、収量をおさえて食味を上げる、量より質への秘伝。
低農薬栽培 除草剤1回、殺虫殺菌剤1回のみ使用。安全性と食味向上を両立させる農法。
深耕による地力向上 深く耕すことは、作土を広げて根はりを良くする基本条件。
深水栽培 茎を太く丈夫に育て、一本一本の稲穂をたいせつに稔らせる、篤農家の職人芸。
コヌカ還元農法 コヌカを田んぼに帰します。資源循環と生態系をまもる、夢のリサイクル農法。
根づくり栽培米 根づくり栽培米とは、普通の栽培方法に加えて、根を健全に育てる肥料等を使用して作った米です。

美味しいお米をお届けするために

マルシチ米穀「生産者の会」では、皆様へおいしいお米をお届けするために研修会や生育調査などをおこない、栽培技術の向上に取り組んでいます。

▲生産者の会 現地圃場研修
粒張りのよい美味しいお米を育てるために。

▲長井市のレインボープラン研修
環境にやさしい資源循環の農業を目指して。

▲生産者の会幹事会
土作りのための会議

▲最新設備の精米工場

▲米張りがよく高い食味のお米に育てるために、多年の生育調査をデータ化し栽培技術の向上に取り組んでいます

▲このページの上へ